フューネラルフェア2010

6月11日(金)調布セレモニアルにて、印刷工房めじろ作業所のみなさんに一日研修として、フューネラルフェアー2010を開催しました。


みなさん興味津々です。
印刷工房めじろ作業所
http://www.mejiro-s.com/index.htm

体験コーナーでは基本所作を学びます。


印刷工房めじろ作業所 施設長 大沢さん

 印刷工房めじろ作業所は身体障害者の自立支援と社会参加を目的とし、ハガキやポスターなどの印刷物を取り扱っています。施設長の大沢さんは最初はボランティアで送迎バスの運転をしていたそうです。気がつけば施設長として、作業所のみなさんと活動を共にするようになったのだとか。作業所では今回のような研修を定期的に行い、社会参加の足がかりとしています。

 普段なかなか聞く事の出来ない、お葬式に関するマナーや知識。実際のお葬式に参列すると、みなさん間違えてはいけないと固くなっていたそうですが、林代表のお話を通じて、決して形式ばったものではなく、また宗派によっても様々なスタイルがある事が、興味深い内容だったそうです。

 今回のフューネラルフェア2010では、質問も多数寄せられ、人気の体験コーナーや「湯懽」の場面では笑いがでるほど、みなさん楽しみながらのイベントでした。