浄土宗

浄土宗 法然上人 宗 祖 法然上人(源空)
ご本尊 阿弥陀如来

教え
阿弥陀如来が西方十万億土のかなたにつくられた、浄らかな極楽浄土に往生することを説く教えです。極楽浄土に往生し、そこで阿弥陀如来の説法を聞いて仏になるのです。極楽浄土に往生する為には阿弥陀如来の救いを信じて「南無阿弥陀仏」と唱えることが大切だと、法然上人は教えています。阿弥陀如来の救いを信じ、南無阿弥陀仏を唱えていると、心も身体も清らかになり、人生を心豊かに生きぬき、死後浄土に生まれて仏様になることができるのです。浄土に生まれれば、いつまでも浄土にいられるのですが、仏様としてこの世に帰ってきて、まだ救われない人々を救う事もできるというのが、浄土宗の教えです。