浄土真宗本願寺派

浄土真宗本願寺派 親鸞聖人 宗 祖 親鸞聖人
ご本尊 阿弥陀如来

教え
仏様になるには、修行によって煩悩を断ち切り、善根を積む事が必要である、とされてきました。しかし、今の私たちにとって、それを毎日続けていくのは非常に難しい事なのではないでしょうか。そこで、阿弥陀如来は私達のような者を救おうと誓い、浄土を建立したのです。この、阿弥陀如来の建立した浄土に生まれる道を説くのが浄土真宗の教えです。阿弥陀如来は私たちのような者こそを、救いの対象にしているのだと説いているのです。また、浄土真宗では、「阿弥陀如来に帰依すると決めた時点で、誰でも仏になる事が約束されている」としています。ですから、阿弥陀如来に帰依した後の念仏は仏になる為に唱えるのではなく、仏になれた感謝の表現として唱えるものなのです。自分の修行等によって極楽浄土へ往生しようとする「自力念仏」ではなく、阿弥陀如来を信じて感謝の心とともに唱える「他力念仏」が浄土真宗の念仏なのです。